Lesson

食べられるシュガーケーキレッスンのご案内

食べられるシュガーケーキの作り方を学んでみませんか?
日本では飾ることを目的とした趣味工芸として定着しているシュガーケーキですが、シュガーケーキ発祥の地イギリスはもちろん、どの他の国々でもシュガーケーキは「食べるケーキ」として定着しています。
お誕生日や結婚式のお祝いのケーキといえば、当然のようにシュガーケーキなのです。

パウンドケーキにバタークリームやガナッシュをサンドした中身を、粉砂糖やゼラチンから作られたペーストで包んだシュガーケーキは、紅茶に合う濃厚でリッチなお味。そしてデザイン性の高さが大きな特徴です。

飾ることを目的として、一つの作品を数ヶ月もの時間をかけて制作するのではなく、食べることを目的として、数日の手間で、いかにセンス良く、完成度高く作り上げるかが、食品としてのシュガーケーキの魅力です。
まだ日本では珍しい食べられるシュガーケーキを、一緒に作ってみませんか?

講師はル・コルドン・ブルー、ウエストミンスターキングスウェイカレッジを卒業し、その後ロンドンのパティスリー、ケーキスタジオにて数年に渡り修行を重ね、各国で翻訳販売されているケーキ専門誌の連載も担当した本格派。

兵庫県宝塚市内の閑静な住宅地、居心地よく整えられたインテリアの中で、落ち着いて制作に取り組んで頂けます。

コースの特徴

今までの日本国内のシュガーケーキ教室では、発泡スチロール製のダミーケーキを使用して、工芸作品として飾ることが出来るよう制作するのが通常でした。
また、食べられるケーキとして制作する場合も、ブランデーたっぷりのフルーツケーキを使用すると学び、実習でもフルーツケーキを使用するのが当然とされていました。
しかしながらアルコールたっぷりのフルーツケーキは、お子様やお酒の苦手な方はお召し上がり頂けません。
実際のイギリスのケーキスタジオではバニラやチョコレートなど、様々なフレイバーで作られているのです。

イギリスのスクールだけでなく、実際にイギリスのケーキスタジオの第一線で修行した経験を持つSomething Sweetでは、日本でも様々なフレイバーでお客様にシュガーケーキをご提供しています。
日本の気候や日本人の味覚に合ったカバーリング方法を開発。
食べられるシュガーケーキを実際に日本で作る方法を、少人数制で丁寧に、実際に本物のケーキを使って実習を行い、プロとして日本に食べられるシュガーケーキを広める、職人や講師の育成を行いたいと考えています。

*趣味として楽しまれたい方には、季節のイベントに合わせたデザインで、1日で完成させてお持ち帰り頂ける1dayレッスンもご用意しています。

コースの受講について

カリキュラムコースを受講頂き、食べられるシュガーケーキを作る基礎的な技術や知識を学んで頂きます。
コース修了後、基礎的な食品としてのシュガーケーキ制作技術を身につけられた方に、Something Sweetが得意とする2Dケーキ、3Dケーキ、2段ケーキ、3段ケーキ、3段以上のティーアードケーキなどが学べるマスタークラスへのご案内が可能となります。

*趣味として楽しまれたい方には、季節のイベントに合わせたデザインで、1日で完成させてお持ち帰り頂ける1dayレッスンもご用意しています。

受講の流れ

<カリキュラムコース・マスタークラス>
見学・相談・体験
受講決定
受講日予約 
お支払い(前払い制)銀行振込・カード決済可能 

<1dayレッスン>
stores予約にてご予約
sotores決済にて支払い
レッスン受講

レッスン費用

入会金 10,000円
受講費 240,000円 カリキュラムコース(全12課題)
    50,000円〜 マスタークラス(2〜3日間の単発レッスン)
    7,500円〜10,000円 1dayレッスン(2,5時間)
材料費・消費税全て含みます。
レシピ・製造方法は商用利用が可能です。

アクセス

*公共交通機関
<阪急宝塚線> 
山本駅・雲雀丘花屋敷駅より徒歩10分
川西能勢口駅よりタクシー5分(徒歩20分)

<JR宝塚線>
・川西池田駅よりタクシー5分(徒歩20分)

<自家用車>(敷地内駐車場3台・近隣駐車場有)
・阪神高速11号線 川西小花出口より宝塚方面へ8分
・中国自動車道 宝塚インター出口より川西方面へ14分

コース設定

<カリキュラムコース>
全12課題。回数券をご購入頂き、ご自身のペースでご受講頂けます。
食品としてのシュガーケーキ制作の基礎的な技術・知識を身につけられます。

<マスタークラス>
カリキュラムコースを修了し、食品としてのシュガーケーキ制作の基礎的な技術・知識を身につけられた方のみ受講が可能なクラス。
単発レッスンでの開催となります。

<1dayレッスン>
趣味として楽しまれたい方、食べられるシュガーケーキ作りを体験したい方向けに、季節のイベントに合わせた内容をご用意。
2,5時間で完成しお持ち帰り頂ける単発レッスンです。

課題1 バニラケーキの焼き方・レイヤリング・カバーリングのデモンストレーションと実習

所要時間:5時間

シュガーケーキの中身は保存のきくアルコールたっぷりのフルーツケーキ、というのは今は昔。
お店ではバニラ、チョコレート、レモンなど、様々なフレイバーで作られていて、トップケーキをフルーツ、2段目はバニラ、3段目はチョコレートなど、組み合わせも自由で、お客様のオーダーに合わせてお作りしています。
基礎コースでは基本のバニラケーキにフォーカスして、レイヤリングケーキからカップケーキまで、ベイキングの基礎と共にレッスン。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

デモンストレーション内容

・ケーキ・カップケーキ・シロップ・バタークリームの作り方
・レイヤリング(ケーキを削ぎバタークリームで重ねて形作る作業)
・カバーリング(ケーキをシュガーペーストで覆う作業)
・ケーキドラム(ケーキの下に敷く土台のボード)をペーストで覆う方法
・カップケーキにバタークリームを渦巻き状に高さを出す絞り方

(課題1のみ1日通しての全日レッスン)

課題2 ベビーシューズケーキ

所要時間:3時間

シュガーケーキと言えばこのケーキを思い浮かべる方も多いはず。
今も定番として、日本で最も有名なシュガーケーキではないでしょうか。
ペーストの扱い方、カッターの使い方など、シンプルなデザインの中でシュガーケーキの基本を学びましょう。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱ダミーケーキ・ケーキドラムのカバーリング
・ベビーシューズの作り方(カッター使用方法、カッターが無い場合の作り方)
・ドレープの作り方(作り方、位置の決め方、幅の決め方など)
・プラーク(記念版)の作り方(プラークカッター使用)
・ロイヤルアイシングを用いての文字入れ

課題3 くまちゃんケーキ

所要時間:3時間

シュガーケーキの基本技術の一つ、モデリング。
動物や人間の形を主に手を使い作り上げていきます。
その最も基本となる動物として、一番人気のくまちゃんをピックアップしました。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱ダミーケーキをシュガーペーストで覆う(カバーリング)方法。
・円形ケーキドラム(ケーキの下に敷く土台のボード)をシュガーペーストでカバーリングする方法。
・くまちゃんの作り方(基本の動物の形の作り方)
・動物の表面の質感の付け方(アイシングやブラシを使った毛並みの付け方・ステッチツールの使用)
・フリル(ガレットフリルカッター使用)の作り方と位置の決め方
・記念版の作り方(Happy Birthdayの文字の入ったシリコン型を使用)
・文字入れ道具を使用しての文字の入れ方(レタリングカッター使用してケーキドラムに日付や名前を入れる)

課題4 4種のカップケーキ

所要時間:3時間

全て食べられる材料で作るのが基本のシュガーケーキ。
大きなケーキの場合はお花にワイヤーを入れたり、ピラーという柱を入れたりもするのですが、カップケーキは丸かじりできるのが基本。
お花も型を使わず簡単に作れるものなど、スピーディーに作れるものを選び、販売価格も抑えられるように工夫されています。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・カップケーキの表面をシュガーペーストで覆う方法
・カップケーキの表面にキルトの模様をつける方法
・スタンプの使い方
・テクスチャーマットの使い方
・お花の型を使わない薔薇、葉っぱの作り方(2種)
・五枚花びら型と食用パールを使用したお花の作り

課題5 2種のミニケーキ

所要時間:3時間

バースデーやウエディングなどのパーティーで、日本の引き出物に当たるものがイギリスにも存在します。
その引き出物にぴったりだと人気だったのがミニケーキ。
一つ一つクリアボックスに入れて予めラッピングしておいて、何段にもなったケーキスタンドに飾っておくのです。
帰りにはそのままお持ち帰り頂けて、とってもスマートですよね。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

(食べられるケーキ2個、ダミーケーキ2個使用)
・食べられるミニケーキのレイヤリング、カバーリング
・ミニダミーケーキのカバーリング

(円柱;キルト模様を表面につけたケーキの上にハイヒールを載せたケーキ)
・ハイヒールの作り方(ハイヒールカッターの使用方法、カッターが無い場合の作り方)
・ミニケーキにキルト模様をつける方法

(立方体;ギフトボックス(箱にリボンが掛けてあるように見える形)ケーキ)
・基本のリボンの作り方
・ポルカドット(大きな水玉模様)・パイピングドット(アイシングで絞った小さな水玉模様)のデコレーション(作り方、バランス、大きさ・位置の決め方)

課題6 2種のシンプルギャザーケーキ

所要時間:3時間

シュガーケーキのデザインの定番モチーフ、ファブリックテクスチャー。
その中でもモダンなイメージが作れるストレートギャザーは、学校では習わないモダンなデザインとスキルに感動。
色々なものがケーキにできるのだと教えてくれた技術です。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱ダミーケーキカバーリング
・ケーキドラムカバーリング
・ギャザー(布にシワを寄せてギャザーを作ってあるかのように見せる技法)の作り方
(上段;縦ギャザー、下段;横ギャザー)
・ミニリボンの作り方

課題7 アイレットカッターとリボンインサートのケーキ

所要時間:3時間

伝統的なファブリックテクスチャーの技術の組み合わせ。
シンプルな可愛さとエレガントな雰囲気が作れる技術で、伝統的な中にもモダンさが感じられるデザインに。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱;アイレットカッター(小穴開け型)・リボンインサート(リボンをケーキに埋め込んだように見せる技法)のケーキ
・アイレットカッター(小穴開け型)の使い方(使用方法、デザインのバリエーション)
・リボンインサート(リボンをケーキに埋め込んだように見せる技法)の方法(作り方、デザインのバリエーション)

課題8 バレエのトゥシューズとストレートプリルのケーキ

所要時間:3時間

型紙をおこしてシューズなどを作る方法を学びます。
型がなければ作れない、習っていないから作れない、ということはありません。
伝統的なモチーフと、ストレートフリルというモダンな印象のファブリックテクスチャーを組み合わせたデザイン。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱ダミーケーキカバーリング
・ケーキドラムカバーリング
・トゥシューズモデリング
・リボンの作り方
・ストレートフリル(ガレットフリルカッターというフリルを作るためのカッターを使用せず、まっすぐに切ったペーストを使用して作る現代的なスタイルのフリル)の作り方と・デザイン(上向き、下向き、花型)

課題9 スモッキングケーキ

所要時間:3時間

伝統的なファブリックテクスチャーの技術です。
日本でシュガーケーキを学び始めた頃はお道具が手に入りにくく、憧れでのスキルでした。
しかしながらイギリスのカレッジで学んだ時、10代の学生さんが「こんなの今時見ない」と大笑いしていて、古き良きヨーロッパの子供服のデザインとして憧れていた私はショックでした(笑)。
ですので伝統的な中にもモダンさが感じられるデザインで。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱ダミーケーキカバーリング
・ケーキドラムカバーリング
・スモッキングピン(ヨーロッパの伝統的な子供服に用いられるスモッキングというデザインを表現するために作られためん棒)の使い方
・スモッキングデザインについての知識と方法(スモッキングピンで出来た表面の模様をピンセットで摘むことでデザインすることができる、その方法とバリエーションを学ぶ)
・スモッキングの基本の絞り方(ピンセットで摘んだ部分をロイヤルアイシングの線で繋ぐことで完成するデザインを、より美しく見せるためのコツを学ぶ)

課題10 ブラッシュエンブロイダリーケーキ

所要時間:3時間

伝統的なファブリックテクスチャーの技術です。
ロイヤルアイシングを絵柄に絞り出し、ブラシで表面をなぞることでケーキに刺繍を施したように見せ、エレガントな印象を与えます。
お店ではお客様のウエディンドレスのレースをモチーフにするなど、ウエディングシーンで大活躍した実用的なスキル。
ケーキに直接ロイヤルアイシングを絞るのは初心者にはとっても勇気のいることですが、避けては通れません。
ケーキ一面に施すことで練習にもなります。

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱ダミーケーキカバーリング 
・ブラッシュエンブロイダリーの方法

課題11 帽子ボックスのーケーキ

所要時間:3時間

ウォーターポット型ケーキ・ジョウロ型ケーキ 

レッスン内容

・円柱型ボックスダミーケーキのカバーリング
・ケーキドラムカバーリング
・ストライプの作り方
・リボンのデコレーション