About

シュガーケーキについて

日本では趣味工芸として定着しているシュガーケーキですが、イギリスではお祝いのケーキといえばシュガーケーキ。
一つの作品を数ヶ月もの時間をかけて制作するのではなく、数日間の食べても惜しくない程度の手間で、如何にセンスや完成度を高く作り上げるかが、食品としてのシュガーケーキの魅力であり、現代のイギリスのシュガーケーキの姿。
シュガーケーキはイギリスのロイヤルファミリーだけのものではありません。日本のお客様のお手元にも、現代の本物のイギリスのシュガーケーキをお届けしたい、パーティーを楽しんで頂きたい、というのがSomething Sweetの願いです。

パウンドケーキにバタークリームやガナッシュをサンドした中身を土台として、粉砂糖やゼラチンを主にしたペーストで包んだシュガーケーキは、紅茶に合う濃厚でリッチなお味。そしてデザイン性の高さが大きな特徴です。
テーブルやインテリアとコーディネートして、パーティーを華やかに演出するのがイギリス流。
現在、世界中でこのスタイルが支持されていて、日本でも近々パーティーの主流となるに違いありません。

オーナーはル・コルドン・ブルー、ウエストミンスターキングスウェイカレッジを卒業し、その後ロンドンのパティスリー、ケーキスタジオにて数年に渡り修行を重ね、各国で翻訳販売されているケーキ専門誌の連載も担当した本格派。

オリジナルケーキやアイシングクッキー、ミニケーキ、カップケーキは、10枚程度の少量から100枚以上の大量のオーダーにも対応。
ご家庭でのお祝いや、結婚式・学校行事、各種イベント・パーティー、業者様の催事にも安心してご利用頂ける高いクオリティーとデザインは、各種メディアでも紹介され、お客様より高い評価を得ています。